atelier naruse アトリエナルセ

Online store top > もっと服のハナシ

もっと服のハナシ
それぞれの商品ページでは紹介しきれなかったことや、もっと知っていただきたいこと、
そんな洋服やくつしたなどにまつわるあれこれを、「もっと服のハナシ」で書いてます。

2021.03.11

コットンデニムのペックトップパンツ、2021s/s ver. / text.成瀬文子

さて、今回は「ペックトップパンツ」のハナシ。

今シーズンは、デニムのアイテムがつづきます。
「コットンデニムのペックトップパンツ」、このパンツのデザインの特徴は、股上が長く、ヒップまわりは大きめで、裾にむかって細くなる、洋梨のような形のパンツ。

はじめてつくったときは、38サイズに該当する1サイズのみだったのですが、そのうち40サイズもできて、今回は42サイズもつくりました。
そして、生産のたびに丈の長さをアンクル丈だったり少しロング丈にしてみたりと、微調整しながらつくってきましたが、今回は、初めて全体的なパターンを見直しました。

2021ss、新ver.のペックトップパンツ

はじめてつくったのは、2014s/sシーズン。今からもう7年前!
なんでしょうね、7年くらい前なんて、ちょっと前に感じてしまう今日この頃・・・。ついこないだのことのように感じてしまいます。
それはさておき、このペックトップパンツは私が日常的によく履いているデニムパンツです。デニムがとてもいい色になってます。
それこそ、7年前は1サイズしかなかったので、現在の38サイズに該当するサイズをよく履いていましたが、その間に体型はゆるやかにまるくなっていき、ヒップの位置もやや下がり(泣)、38サイズが似合わなくなってしまったことで、最近は40サイズを履くようになっていました。ジャストサイズではなく、少しゆとりのあるサイズ感が好みになっていたんですね。

・・・と、そんな近況のなか、今、改めてもっとこうだといいな。というところをこまかくアップデートしてみることにした、それが今回のリデザインです。

前回のデニムのサロペットパンツもそうでしたが、今回のペックトップパンツもサイズによって、履いたときのイメージがちがってきます。
どんなイメージで履きたいか。というので選んでもらえるパンツなのではないかなあ。と思います。
今更の話ではあるけれど、パンツは履き方や履くサイズよっても、パンツの特徴がでる、でないは、ありますねえ。

(各サイズ寸法)
【38サイズ】脇丈96 / W75 / H99 / 股上31 / 股下64 / 渡巾31
【 40サイズ】脇丈98 / W79 / H103 / 股上31.5 / 股下65.5 / 渡巾32.2
【 42サイズ】脇丈100 / W83 / H107 / 股上32 / 股下67 / 渡巾33.4

そんなわけで、今回もデザイナーである私がそれぞれのサイズを履いてみました。
何度もいいますが、158cmで体重は40㎏台後半。寸胴体型。

ちなみに写真は、カメラ位置がやや下にあることで思いがけず「脚長効果」がでているような気がして、「まるで洋梨のような」というペックトップパンツらしいラインはすこしわかりにくくなってしまっているかもしれません。ただ、モデルさんが着てくれている写真はそのあたりがバッチリ出ていると思いますので、私の写真とモデルさんの写真、合わせて参考にしてみてくださいね。

まずは、38サイズから。既製品でいうと、Mサイズ、9号にあたります。

38サイズ

38サイズ 横

38サイズ 後

38サイズ、どうでしょうか。
158cmのわたしが履くとウエスト位置はジャストの位置になります。でもきつすぎない。
腰回りが細い方ですと、もう少し下げた位置で履くほうが「まるで洋梨のような」ラインがよくわかります。(モデルのsyoちゃんが着用した感じがイメージに近いです)。
でも、すっきりとスリムなサイズ感、ひさしぶりに履いてみるとなんだかうれしい気分になります。最近、だぼっとしたパンツを履くことが多かったのでちょっと新鮮にも思えるサイズ感です。
以前の38サイズは、もうちょっと横に張っていて腰回りやヒップラインが大きく見えました。あたらしいver.の38サイズはちょっと細身のパンツを履きたいなあ。というときにきれいにすっきりと履いていただけると思います。もちろん今回のリデザインによって着用感はくるしくないし、(写真効果だけではなく、)ヒップラインは目立たず、ちょっと足長にみえるようにもしています。わたしはその日のコーディネイトによって今回から38サイズも見事に復活しそうです。

お次は、40サイズ。Lサイズ、11号にあたるサイズを履いてみます。

40サイズ

うんうん。このラインだな〜。今のわたしが好きな、安心のスタイルです。少し腰回りを下げて履くことで股上も長くなります。長さをわかりやすくするため、裾は折っていませんが、普段履くときは、1つか2つ折って履くとちょうどいい長さになります。

横や後ろ姿もみてみましょう。

40サイズ 横

40サイズ 後

38サイズにくらべて、ゆとりがありますね。

ちなみに、モデルのsyoちゃんは、身長は159cmですがわたしよりもかなり細いので、38サイズを着用してくれたけども、ジャストウエストではなく腰回りで履いている感じです。わたしが40サイズを履いているときのイメージにかなり近いですね。

モデル/syo 身長159㎝、38サイズを着用

38サイズを着用

うーん、かわいい。
股上も長いので、なんというかしめつけられる感じがないのがいいですね。

さてさて、つぎは42サイズを履いてみます。

42サイズ

 

42サイズ 横

42サイズ 後

かなりゆったり。ウエストもちょっと大きいので、さらに腰をおとしたところで履くイメージになります。でもこのゆったり感はきらいじゃないです。
40サイズと同様に裾を折っていないので、写真だけ見るとちょっとおかしく見えますが、たとえば裾を無造作に折って素足にスニーカー、なんて、特に夏場にかっこいいなあと思います。ビックサイズを履いているときの元気なイメージですね。
もちろん、背の高い方にもおすすめのサイズです。

ちなみに、モデルの麻絵ちゃん(165cm)は、40サイズを履いてくれました。
ウエストインしてくれているのでわかりやすいですね。そうそう、この形。とてもきれいに履いてくれているなあ。と思います。

モデル/麻絵 165㎝、40サイズを着用

 

40サイズ

なんとなく、イメージわきましたでしょうか。
ちなみに、麻絵ちゃんよりも背が高いモデルの大島さん(168cm)にも40サイズを履いていただきましたよ。

モデル/大島有稀 身長168㎝、40サイズを着用

40サイズ

そうそう、この洋梨のようなまるみがかわいいですね〜。
そうなのです。細い方が履くと、より洋梨感がでます。

なので、洋梨感をつよくだして履きたい!という方は、ウエストがジャストサイズではなく、少し大きめのサイズを履くのがおすすめです。腰回りで履くイメージですね。

反対に細身で脚長、すっきりと履きこなしたい!という方は、ウエストジャストのサイズを選ぶのがいいかと思います。

最近ちょっとゆったりめなパンツばっかり履いてるなー。細いパンツを履きたいけれど、締め付けられるのは嫌だし、ラインがはっきりとでてしまうのも抵抗ある・・でも、ちょっとタイトなシルエットも履きたいよな。という気分もありますよね。そういう方で、わたしくらいの体型の方、38サイズも結構おすすめです。
(ちなみに、股上は長いからすわったときも楽だし、ウエストもジャストといっても、細すぎないのでくるしゅうない。です)。

というわけで。

わたしは、新ver.は、38サイズも40サイズも履きます!履きながら、また研究していきますよ。

ここからは細部のデティールなんかも、よかったらみてください。

フロントにはアンティークゴールドのネオバーボタン

生地は、デニムのサロペットパンツと同じ、10オンスのコットンデニム、インディゴ。
つくっている縫製工場さんも、同じ工場なので兄弟シリーズみたいな感じですね。デニム工場さんではなく、パンツを専門とする工場さんで縫製してもらっています。
糸も60番手の洋服を縫う太さと同じ番手なので、きれいめに上品に仕上がります。ベルトループの縫い代の仕様もS字付けで、しっかりときれいについています。

後ポケットは細幅の両玉縁ポケット

後ろポケットは、左右が「ハ」の字についてます。

2021ss 新ver. 後姿

ヒップラインのカーブを後方にとんがる感じではなく、できるだけ平坦にすることでヒップラインが強調されにくくなっています。写真よりも履くとなんかわかる〜!という感じなのですよね。

フロントポケットは、まあるい

フロントポケットのデザインも、変わらず。
まあるくて、深め。わたし、このデザインとても気に入っています。

生まれ変わった、2021s/s ver.のコットンデニムのペックトップパンツ。

デニムなので、たくさん履いてもらいながら、エイジングもたのしんでください。

わたしはいい色にかっこよくなってきた旧ver.を、新ver.といっしょにこれからも履いていきます。新ver.も、ゆっくり育てていきたいなあ。と思っています。

na-f05079 コットンデニムペックトップパンツ
col.indigo
size. 38 / 40 / 42
material.綿100%
price. 19,800yen(税込) 本体価格¥18,000

2021.02.15

コットンデニムのサロペットパンツ、2021s/s ver. / text.成瀬文子


さて、今回は「コットンデニムサロペットパンツ」のことについて書きたいと思います。
おひさしぶりのデニムのサロペットパンツ。
最後につくったのは、2018s/sです。なんと、もう3年もたつのですね。シーズンでいうと6シーズンぶりです。

生産はなくなってからも、旧ver.のサロペットパンツはわたし自身、日常で着続けていたわけですが、以前のように似合わなくなってきているな。と考えていた頃で、リニューアルしたいなあー。と思っていました。

わたし自身の年齢でいうと、3年前は38歳から41歳になる3年間。
体型の変化や似合うファッションも少しずつ変化していった頃。

アトリエナルセのサロペットパンツのデザインは、ブランド立ち上げから何年くらいたった頃かな? 2011年頃から、いまの形の原型のようなデザインを出して、当時そのサロペットパンツがとても人気になり、アトリエナルセ(当時はnaruse)の基盤をつくってくれたような思い入れのあるアイテムでした。

なにより、わたし自身がとても気に入っているデザインで、今後もずっとつくり続けていきたいなあ。と思っていました。ただ、年齢を重ねてきて、これからもきもちよく着続けるためには、またつくり続けるには、何かを変えなきゃいけない。

そんなわけで今回のデザインができあがるまでの数年間、「あたらしいサロペットパンツは、どんな形がいいのか」ということを、ずっとかんがえていました。
でも、毎シーズンのコレクションの中でいろんな洋服のデザインを考えながら、どうも方向性の確信がもてずにいたサロペットパンツは、頭の片隅におかれたまんまでした。

そして、あるとき、「あれ、なんかみえてきたか」と、思ったのが、2019年の冬。
頭のなかですこしずつ具体的になってきた形を、パタンナーさんと相談しながら、かたちにしていきました。

そしてようやく、今ほしいサロペットパンツはこれだ〜!と思うものができました!

2021ssの新ver. 前

2021ssの新ver. 後

せっかくなので、今までの旧ver.の写真も掲載してみます。

2018ssにつくった旧ver. 前

2018ssの旧ver. 後

え!? ちがいがわからないワ〜。と、思ったみなさま。
後ろ姿のほうが、変わった感じがよくわかりますので、上下しながらくらべてみてくださいね。

どこをどう変えたのかといいますと。

ウエストがジャストサイズではなくなったということ。これまでと同じように後ろウエストにゴムははいりながらも、身体がすっぽり入る筒状のラインになった、というイメージです。

もちろん、ただ大きくした。というのではありません。ヒップの形ができるだけまるくならずに、フラットになるように、とのリクエストをパタンナーさんに伝え、ウエスト位置を少し上げて、さらにウエスト、ヒップサイズも大きく、また股上も長く。。。そんなふうに微調整しながら、つくっていきました。

そのことで、パッと見はデザインが変わっているようには見えないけれど、ズバリ、着用感とやはり着用したときの後ろ姿が今までのサロペットパンツと大きく違うものに生まれ変わっています。

はたまた、細かいところでいうと。

よくよく見ると、たとえば前面の胸当て部分の上部の横巾寸が変わって、新ver.のほうが少しだけ狭くなっています。それから、後ろの肩紐のクロス位置はすこし高くしています。これは、どうしてそうしたか。といいますと、それは、肩紐が横に落ちにくくするため。

実は、これまでも再生産のたびに肩紐が落ちにくくなるように細かくリ・デザインをしてすこしずつ工夫はしていたのですが、100%落ちにない。というまでには至っていませんでした。
ですが、今回の新作ver.は、それが解消! 肩紐が100%といっていいのではないかな(いいすぎかな笑)。落ちません〜!

※初めて着ていただくときに、肩紐の長さはちょうどいい長さに調節してください。落ちてしまうときは、すこし長いはず。すこしずつ縮めて調整してみてくださいね

モデル/麻絵(身長165㎝、38サイズ着用)

(各サイズ寸法)
【38サイズ】胸当て丈27.5 / パンツ脇丈100 / W86 / H101 / 股上35.5 / 股下63.5 / 渡巾33
【 40サイズ】胸当て丈28 / パンツ脇丈102 / W90 / H105 / 股上36 / 股下65 / 渡巾34

つぎは、サイズ展開。

2021 s/s ver.のサロペットパンツは、「38サイズ」と「40サイズ」の2サイズ展開になります。

前回の投稿と同様に、158㎝、体重は40㎏台後半(ご想像あれ)のわたしが着比べてみましたよ。
まずは、38サイズから。

38サイズ前

38サイズ横

横からの写真がわかりやすいですが、後ろ部分のウエストにずいぶんと余裕があります。
股上も長くなり、着心地が格段によくなりました。
丈は158㎝のわたしが着るとすこし余るので、わたしは裾を折ってはいています。

38サイズ後

後ウエストにゴムのデザインも残しつつ。
ポケットは右側のみ、片玉縁ポケットです。
これも以前のデザインと変わっていませんが、ポケット位置は微調整しました。
(こまかいことですが、前ポケットと、後ポケットの袋も深くなってます)

さて、お次は40サイズです。

40サイズ前

40サイズ横

横からみると、わかりやすいですね。ウエストにより、ゆとりができました。
ちなみに、わたしは38サイズがちょうどいいです。
40サイズは大きめを元気にカッコよく着るスタイルにいいなあ。と思います。

40サイズ後

ちなみに、モデルさん撮影のときに、諸事情があり40サイズがなかったので、モデルさんが40サイズを着ているカットがないのが残念なのですが、高身長の方は、40サイズをざっくりと着るのも、かっこいいのではないかなあ。と思いました。

モデル/大島有稀(身長168㎝/38サイズ着用)

大島さんは168cmとスラリ美人さんですが、38サイズを着ても違和感はありません。

この許容範囲も新ver.の特徴のひとつ、です。

また、身長は160㎝前後だけど、ちょっとふっくらされている方は40サイズがおすすめです。今回のサロペットパンツは、ウエストがジャストサイズではなく、少しおおきめのサイズを着るのがおすすめなのです。

となると、小さい身長の方はどうなるの?と、なりますよね。
150㎝台前半の普通体型の方も、38サイズで大丈夫です。
股下丈はすこし折って履くか、丈直しをしていただくとよいかと思います。
(デニム丈のお直しでしたら、町のお直し屋さんでもできるし、リーズナブル!)

ただ、とても小さくてスリムな方の場合、骨格によって肩紐の長さをかなり詰めていただいて着てもらえば大丈夫な方と、んーおおきすぎる!と感じてしまう方、どちらの可能性もあります。

迷われた方は、胸当て丈をメジャーで身体にあててどれくらいの位置にウエスト切り替えがくるか、いちど確認してみてください。

ウエスト部分が実際のウエスト位置よりも下になってしまうと、残念ですがこのサロペットパンツは大きくて着るのがむずかしいかな。と思います。

サイズのこと、いかがでしたでしょうか。

もし、それでも「こんな体型の場合はどのサイズがおすすめ?」と迷われてしまった場合にはメールでお問い合わせくださいね。

そうそう。

デニムサロペットパンツは、製品後に水洗い(ワンウォッシュ)しているのでご購入後の縮みはそんなにありません。
ただ、デニムなので色落ちは多少あります。
淡色のものと一緒に洗ったり、水に濡れたまま放置しないようにご注意ください。

また、かっこよくエイジングするには、洗う回数が少ないほうがいい色合いに色落ちしていきますので、調節しながらお手入れしてくださいね。
ゴムの部分や、膝小僧、縫製の切り替え部分など、とても味わい深い色落ちをしていきます。色落ちに着る人の個性がでるデニムは、それもまた楽しみのひとつですねー。

 

上の写真は、ずっと変わらない附属類。
左脇についたネオバーボタンは、つよくひっぱってもとれません。

肩紐のアジャスターは、最初ちょっとかたく感じるかもしれませんが、一度好きな長さに調節したら、ほぼ固定でよいかと思います。

 

後ろポケット、バルーンパンツは「箱ポケット」でしたが、サロペットパンツは「片玉縁ポケット」。
どちらもカジュアルなアイテムですが、サロペットパンツは女性らしいデティールにしたかったので、繊細にみえる片玉縁ポケットを採用しています。

こちらもatelier naruseサロペットパンツのアイコン。
ウエストにゴムがはいることで、ヒップ部分にゆるくギャザーがはいります。

同じアイテムを繰り返し作りながら、年齢とともに、時代とともに、微調整しながら作っていく定番商品のひとつのデニムサロペットパンツ。

3年もかかってしまいましたが、今回の2021 s/s ver.。
今までのデザインを引き継ぎながらも、体型をカバーしつつ時代にあった、とてもいいリ・デザインになったなあーと思っています。

na-F05078 コットンデニムサロペットパンツ
col.indigo
size. 38 /40
material. cotton100%
price.¥20,900(税込)本体価格 ¥19,000

2021.02.09

コットンチノの、バルーンパンツ/text.成瀬文子

みなさま、こんにちは。
デザイナーの成瀬です。「もっと服のハナシ」では、ちょっとおひさしぶりです。
きょうは、2月に発売の『コットンチノW(ウエスト)ゴムバルーンパンツ』の紹介を、デザイナーである私が、ここが推し!見てね!といった部分や、またサイズによっての着用イメージが変わるので、商品ページでは書ききれない部分をすこし補足して書かせてもらおうと思います。

(ブログのページだと、ちょっと画像が荒れますかね? 商品ページではもっときれいに見えるかと思いますので、そのあたりはご愛嬌で!)


モデル/麻絵(身長165㎝/38サイズを着用)

下記のリンクにあるパンツは、2020s/s、昨シーズンのもの。昨シーズンは、ベイジュだけ販売しました。
2020ss ver.

今シーズンのパンツも、昨シーズンのものと同じ生地で、細部をほんの少し改良してリ・デザインしています。
前回は38/40/42の3サイズ展開。今シーズンは、36サイズも加わりました。
さいきんのアトリエナルセの傾向としては、大きいサイズは増えるけど、小さいサイズが増えるのはちょっとめずらしい。

また、このパンツは、ウエストがゴムになっているということや、ヒップや太もものサイズもデザイン的にゆったりしているので、じぶんの今の好きなラインでえらんでいただくことができるパンツになっています。ですので、普段38サイズや40サイズを履いている方でも、36サイズが履けたり、36サイズが好きなラインだったりするかもしれません。

さっそく、それぞれのサイズを見ていこうと思います。


モデル/大島有稀(身長168㎝/40サイズを着用)

(各サイズ寸法)
【36】脇丈90 / W68 / H105 / 股上31.5 /  股下57 / 渡巾34
【38】脇丈94 / W72 / H109 / 股上32.5 /  股下61 / 渡巾35.5
【40】脇丈98 / W76 / H113 / 股上33.5 /  股下64 / 渡巾37
【42】脇丈102 / W80 / H117 / 股上34.5 /  股下67 / 渡巾38.5

まずは、オーソドックスな38サイズ。Mサイズ、9号サイズあたりになります。
ちなみに、上記の写真はわたし。わたしの身長は158センチ。体重は・・40キロ台後半、というところまででご想像くださいませ。ウエストも寸胴体型でございます。へへ。
わたしは、このチノパンツに関しては38サイズを好んでよく履いています。きれいめに履けるというか、上にあわせる服もゆったりしたデザインもタイトなデザインも合わせやすいですね。

横からみると、こんなかんじです。

後ろ姿は、こんな感じです。
丈感も、長すぎずで折らずにはくことが多いです。


モデル/syo(身長159㎝/38サイズ着用)

さて、つぎは40サイズ。
こちらは、Lサイズ、11号サイズあたりになります。

ちょっとゆったりしました。ウエストは、ゴムと調節できる紐がついているので、大きかったら、自分のサイズまでぎゅっとしぼることができます。
ただし、そもそものゴムの上がりサイズが76センチ、と大きめなので、ぎゅっとしぼって70センチくらいのウエストでしょうか。とてもスリムな方はご注意あれ。
反対に、体型が目立ちたくないわ。という方はジャストサイズよりも少し大きめを選ぶ、というのもよいかと思います。

40サイズ、横から見た感じ。

40サイズ、後ろから見た感じです。
ヒップがぺちゃんこに見える40サイズ。いいですね。(笑)

さて、つぎは、42サイズ。
LLサイズ、メンズのMサイズくらいにあたります。
こちらは実はわたしは大きすぎて似合わないサイズ感です。背が高い方むけ。

そこで、2020s/sのものですが、アトリエナルセで長年モデルをしてくれた、高井さん(身長168㎝)にはいてもらったものを掲載させていただきます。

かっこいいですね〜だぼっとしたのが、粋なかんじなのです。

よりメンズライクな印象です。でも、高井さんみたいに女性らしいやさしい雰囲気の方が着ると、メンズライクがキュートなのですよね。

背が高い方は、この42サイズ。おすすめです。

そして、最後に36サイズ。
こちらね、わたしが履いたものがあればわかりやすいんですけどね。撮ったはずが・・
同じバルーンパンツで、デニムver.、しかも後姿のものしか、なぜかない。
あくまでも参考までに、という感じですが載せてみます。
※デニムver.も、型紙は同じなのでチノver.もサイズ感も同じです

丈は少し短くなりますが、ゆったりしたバルーンパンツという感じではなくて、ちょっとだけゆったりした形のパンツをはいてるね。という感じになります。ウエストもゴムだしね。きつくありません。

ちなみに下の写真でモデルのsyoちゃんが履いているのは、36サイズ。
syoちゃんは、身長159センチで見てのとおりスリムな体型です。
ちいさくて華奢な体型の方は、36サイズも似合うと思いますよー。

サイズのことは、なんとなーくイメージできましたでしょうか。

さて、ここからは、細部のデティールについて。
ベーシックなアイテムほどデティールをみるのがだいすきです。
ボタンや、ファスナー、紐、ゴムの入り方などなど。

今回、2020s/s ver.と大きく違うのはウエストの見返しが、シーチングコットンになったこと。2020s/sは、表地と同じ生地で見返しをつけていました。

実はこのパンツ、シンプルにみえてとても工場さん泣かせのデザインです。ウエストにゴムが入っている上に、真ん中に紐をとおす。という一見シンプルにみえて手間のかかる工程だったりします。
ゴムは、伸ばしながらミシンで叩く(縫う)のですが、コットンチノ素材は丈夫でしっかりしている生地。密度もあるので、ゴムと一緒に縫うのはとても縫いにくいのです。しかも表地も見返しもチノとなると、より縫いにくい。ゴムを生地と一緒に伸ばすのがとても力がいってたいへん。たいへん、ということは縫う人にって、仕上がりにばらつきがでてしまったりする。ということもあって、見返しだけでも薄いコットンにしたほうが縫いやすく、ギャザーもきれいに入るので、今回からこの仕様に変更になりました。

ながく同じアイテムを作りたい。という場合、製品の質を安定させるためにベストな仕様を何度かサンプルをつくりながら、考えていくようにしています。
(ちなみに、同じ形のデニムver.は見返しは同じデニム生地。デニムのほうがチノよりも若干やわらかいというのと、デニムを縫う専用のミシンは馬力があるので縫える。そんな事情もあるのですねー)

ウエストがゴムのパンツの場合、ゴムをミシンで叩く場合と、ただ通すだけ、のデザインと両方あるのですが、わたしはミシンで叩く、というデザインが好きです。
ギャザーがきれいにはいるから。しかも、1本だけでなく最低2本は叩きたい。

そして、この紐の感じも好きですー。
綿麻で平らな紐。なんというか、工業デザインのようなパーツにしたかったのですよね。
ファスナーの金具の形やカラーやリボンカラーももちろん選んでいますが、こういう附属類をえらぶのは地味な作業に見えて意外とたのしい。このボタンも好きですねえ。個性をだしすぎず、でも、ちょうどいい。というデザインです。

右の後ろには、箱ポケットがついています。

紐は、表にだすこともできるし、中で結ぶこともできます。
メンズものは、外にだすものが多いですね。
ちなみにわたしは、好きなサイズまで紐をしばって、内側で左右それぞれの紐を固結びしながら固定、という着方をしています。ほら、着脱の際にいちいち、ほどいたり結んだりするのがめんどうなので。(笑)

うん。何度かつくるうちに細部のデティールがより安定した作りになっていきます。

定番化している商品は、わたしが普段着ながら、もっとこうならいいかも。と、こまかく更新しながら作っています。

後ろ姿。
左右非対称なデザインが好きです。

そんなわけで、今回の2021s/s ver.のコットンチノのバルーンパンツ。
これからいろんなコーディネイトで登場するので、たのしみにしていてくださいね。
コットンチノは、通年はける素材。そして、ちょっとよごれてくたっとなってくるのもいい味わいがあるアイテムです。ウエストの紐なんて擦り切れてきたりね。

60代になっても、70代になっても履いているチノパン。みたいなアイテムになっていたら、なんだかちょっとうれしいなあ。と、思います。

na-T05009 コットンチノWゴムバルーンパンツ
col.beige / navy
size. 36 / 38 /40 /42
material.cotton100%
price.¥21.450(税込)本体価格¥19.500

1 / 612345...最後 »