who am ?I

PAGE TOP

  • 07
  • 21

きせかえ 今回版

スキャン4107.jpeg

1985年 36歳
お客さん ご自分の日記を読み返してみて どうです?
若いときとか独身のときとか 結婚後だとか 70過ぎてとか
その違いみたいなものはありますか
大変な事態が生じてしまった後とかも

自分は 独身のとき リアリティーのあるようなことが 書いてないようです

それまでは 自信が無いなどと思う事も 深く考えないと言うか 人の目とかも
考えない これって 今から考えるとなんですが 不思議ですね
なんでそういうことができて ポジティブ思考で 人は人と

そんなときに いつも 娘の行く末を 胃が痛くなるほど心配していた両親が
いたんですね それはそんな私の頭を グレイにしました
結婚の事に関しては 確かに 結婚はしたいとは思っていているのですが
それは 意見が一致しても不思議じゃないのですが ただ一つかみ合わないのは
ゆっくり相手に出会いたいのが自分で はやく相手に出会わせたいのが両親でした
かといって 自分は 明確なものがあるわけじゃなく ときは過ぎて行く 迷い
両親は 年取ってできた子だから 目の黒いうちに 嫁がせたい はっきりしているのですよね

あれ 何でこういう話になったの?

実はね 上の写真はね 孫の絵がよかったのでその上にね それまで切り抜いていた魚をはりつけて それからそれから 着せ替え人形お嬢さんに布をまきつけて 服としました
これで 小さな布を使うときが来たから うれしいのです 今までとはちょっと違いますよ 布を巻き付けたり その布は紙じゃないところが 新しいんですよ
ものを集めていても それをどう使おうかと 思うことが 私の変化アート
ま 大したことじゃないんですけどね このささいなことは けっこう大きな喜びなんです つまりつまり 前に持ってたものと 今考えている事とのコラボレーションという訳です

そうそう 結婚後は現実のリアルのオンパレード
日記にも 夢や迷いよりも リアル 
やりたい事は そばにでてきたこと
すぐやる
そんな全盛期が すぎて こんどはゆっくりやりたいです



《 2019.07.21 Sun  _  ぷれいんぐルーム 》