who am ?I

PAGE TOP

  • 06
  • 20

とちゅうからのはなし

スキャン3039.jpeg
とちゅうからのはなし 

そんな人間が 命をおえて 他の界にまいりますと
この界のようなことは おこりません

でその理由が一杯何段にも並べられておりますが
この界を 出て行くときには とてもなごりおしそうにします
それはあの界から やってくるときも なごりおしそうに
あの界を はなれます

うつくしくおだやかな 魂達は
肉体をもたされ ましてや美しい輝くばかりの天使が
この界では そのままでいることはできません

しかし あの界での名残と言いますと
美しい魂を持っているからこそ
苦しみ ときにはなげだしたくなります

死を望む思いも そういう名残なのかもしれません

その奥にひそむ 魂の美しさ

まだなげだすには およばず と見守り続ける
縁のある あちらのものたち

みんなみんな それぞれの魂の 美しいこと

だから われわれは
赤ん坊や幼い子どもを見ると
おもわず 涙を流したり
うつむいてしまったりするのでしょう

むこうから やってきたばかりの魂に
出会うからでしょう

《 2017.06.20 Tue  _   》