atelier naruse

atelier naruse アトリエナルセ

News

Today’sMemo

2022.12.02

 ここで書く文章は投稿する前日に書いています。今は前日(12月1日)の夜10時。となると、あと6時間後に控えているのが2022W杯、運命のグループリーグ最終戦【日本 vs スペイン】です。

 とかなんとか書いていますとそれなりにサッカーが好きなようにも思えますが、私は “ニワカ” になるにはまだ少し何かが足りない “三ワカ” 。具体的にいえば「三笘がどうもスゴイっぽい」という知識は先日手に入れた。「明日の朝はタイマーするけど、たぶんスヌーズボタンと戦うだけできっと起きることができない」という程度の楽しみ方をさせてもらっている人間です。

 一方。世の中にはこうした大きな世界的スポーツ大会に対して強い拒否反応を示す人がいます。特に “文化系” とカテゴライズされがちな人たちの中に時折見受けられますが、私自身もそんな “文化系” “インドア派” のタイプであることは自負しているものの、「なんであんな球っ転がしにそこまで夢中になれるかねー」とかなんとか。そんなことを言うほど天邪鬼ではありません。「まあ、盛り上がってるんだし。実際に観戦するとやっぱりオモロイぜー」と思っています。

 ただ、W杯の開催を手放しで歓喜するほど素直ではないのも、これまた事実です。

 話が矛盾するように思えますが、私は中学時代、高校時代と剣道部に所属していましたので、これまでの人生で運動に全く関わってこなかったと言うわけではありません。むしろ、よく運動をしていたほうだと思います。

 ただし、剣道は当時も今もマイナー競技。
中学生であれば、陸上部。高校生であれば、野球部。大学生であれば、アメフト部。とある期間になると急に学内でチヤホヤされるこれらの部活動に所属し、時に女子からの黄色い声援を浴びる友人・知人、はたまたそういった文化そのものに対し、「ケッ。なんだっつーんだよ。なんでオメーらだけ無条件で特別扱いなんだよ。俺らのことも学校全員で応援してみろよ。ほれ、メェェェェーン。コテェャャャャ。思っているより声が甲高いだろぉ~。夏場はくさいぜぇ~。ワイルドだろぉ~(©︎スギちゃん)」と、竹刀をぶん回しながら思っていたものでした。

 私は、W杯を見ていると、そんな、あのときの感情をフッと思い出す。

 陸上競技場のトラックを走る彼氏をキラキラと祈るようにして応援している好きだった女の子を見ていたこと。キャンパス内の食堂にズラリと並べられたお肉特盛の陶器のお皿を小さな冷凍ハンバーグが付いた350円の定食プレート(プラスチック)を持ちながら見ていたこと。

 なんだよ、いいじゃねえか。試合に勝とうが負けようが、オメーらもうすでに勝ってるわ!

 ガンバレ、ニッポン。

追記:このまま寝てしまったら私は私を起こす自信がない。ということで、試合開始まで起きている戦法を取ることにしましたが4時になったあたりで眠くなり(ちょっとベッドへ)。(寝落ちしてしまったらそれはそれ)ということで、Amebaの中継をスマホ&イヤホンで聴きながら試合の様子を聴取しておりました。1点入れられたあたりが【私 VS 睡魔】との非常に厳しい戦いでしたが、本田の解説の面白さも手伝ってそのまま試合終了までをベッドの中で、耳で、観戦ならぬ聴戦するという不思議な体験をいたしました。映像で観ていたらもっと面白かったのだと思いますが、頭の中で想像をしながら思い描く選手の動きはそれはそれで面白く、けれど、オススメはしません。起きたらよかったじゃん。

◎【Today’s Memo】は平日の毎朝8時に更新。atelier naruse 代表・早川による、ちょっとしたエッセーのようなもの、です

Close

もっと服のはなし

Menu